For the future

ものづくりから販売活動まで、より完成度の高い仕事を目指すとともに
お客様との信頼関係をさらに向上させていきます。

イトマンの
新しい経営基盤となる
4つの事業

時代に対応し、さらに飛躍するための
イトマンの挑戦が始まります。

4 Core Business

Business use

1業務用家庭紙
トイレなどのパブリック施設を提供するオフィス、大型商業施設やホテル、交通機関(駅・PA・空港)、テーマパークなど業務用家庭紙分野に特化し、利用者の快適な日常生活に貢献することを目的としています。

VIEW PRODUCT

Gift

2ギフト
小さなアイデアを詰め込んだ商品で贈り手の気持ちを届けること、そのことで生活の中にある特別な日の感動をお手伝いする事を目的としています。
四季折々の商品や夢のあるトイレットペーパーやティシュペーパーなど独自の商品がご好評を頂いており、お客様から次の商品をご期待頂いています。

VIEW GIFT

Medical

3メディカル
少子高齢化が進む日本にあって、今後、医療・介護施設の果たすべき役割はますます大きくなっていきます。こうした状況を鑑みて、取り組み始めたのが「メディカル事業」です。現在、治療や検査の現場負担を少しでも軽くするような消費財の開発を進めており、幅広く展開していこうとしています。

Medical

4アグリ
日本の農業は現状、農業従事者の高齢化や後継者不足などさまざまな課題を抱えています。こうした状況を打破しようと、農業関連の幅広い経済活動を行うアグリビシネスに可能性を求める企業が増えています。私たちも持てる技術と知識を生かして、この分野の消耗材に挑戦し、共に日本の農業を支えていきたいと考えています。

4つの事業を支えるイトマンの組織力

*

マーケティング本部
営業、物流、商品開発、受注をまとめた組織がマーケティング本部になっており、東京、大阪、愛媛に営業活動拠点、また埼玉、横浜、大阪、愛媛に配送拠点を配置しています。
マーケティング本部の役割を簡単に説明すると、お客様の需要情報を収集し、それに応えるサービスを的確にご提案しお届けする事、お客様に良いサービスを提供できる仕組みを創る事になります。
パブリックスペースを有する法人需要にお応えする業務用家庭紙事業、送り手の気持ちをお届けするギフト事業を主に、現在開発を強化しているメディカル事業と販路は広く、日本全国のお客様に多くの商品をお届けさせて頂いています。
  • *
  • *

*

生産本部
生産本部は、古紙100%原料から最終製品までの全工程において操業、管理する部署であり、月間約2,000トン以上を生産し、国内のお客様に供給しています。
生産拠点は四国中央市内に金生工場、下柏工場の2工場を有し、操業員、管理スタッフ合わせて100名以上の社員で構成され24h体制で操業。又、紙パルプ・加工品出荷額全国1位の「地の利」を活かし、仕入先様をはじめ産官学連携を軸に、日々、より良いものづくり・雇用創出・環境負荷低減などに努めています。
常に新しいアイディアを形にする技術を磨き、ものづくりを通してお客様により多くの「上質と感動」を提供することを目指しています。

*

管理部
管理部は、人事(ヒト)、総務(モノ)、経理(カネ)、法務・システム・広報(ジョウホウ)等、多種にわたる機能があり、会社経営をサポートする部門です。お客様のご要望に的確にお応えするマーケティング本部や製品の製造を行いお客様に提供を行う生産本部とは異なり、2つの部門の業務支援を行いながら、お客様満足・従業員満足を高めていく部署が管理部です。
  • *

Itoman Recycle Lab

イトマン リサイクル 研究所
紙がゴミではなく、資源として再生されるためのしくみや
環境活動を日々研究しています。

MORE VIEW

Factory

工場見学
回収されてきた古紙が、トイレットペーパーになるまでをご見学いただけます

MORE VIEW