Company

ごあいさつ

経営理念

会社情報

企業沿革

事業所アクセス

リンク

メディア

環境リサイクル

リサイクル研究所

企業沿革

HOME < 会社概要 < 企業沿革

企業沿革

明治10年
初代伊藤政助が手漉業を始める
昭和36年
伊藤萬製紙(株)を設立し、1号機を設置しトイレットペーパーの抄造を始める
昭和38年
需要の増大に伴い2号機を増設し、生産能力を3倍に増強
三共紙器工業(株)を設立し、代表取締役に伊藤俊次が就任する
昭和41年
新鋭3号抄紙機を設置
昭和42年
日本工業規格表示許可工場となる
昭和44年中小企業長官賞を受賞し、合理化優良工場となる新鋭5号抄紙機を設置
昭和46年
新鋭6号抄紙機を設置
三共紙器工業(株)から、伊藤萬工業(株)に名称変更
昭和47年
愛媛パルプ(協)完成と同時に、古紙パルプの購入を始める
昭和48年
家庭紙業界最大級の7号抄紙機及び冷暖房完備の近代的仕上工場を完成
昭和52年
ティシュ加工機を設置しカートンティシュの生産を始める
昭和55年
イトマン株式会社及びイトマン工業株式会社に社名を変更し、商標を一新する
2号機をスクラップし、高速新2号抄紙機を設置する
昭和59年
7号機をスクラップし、高速新7号抄紙機を設置する
昭和60年
トイレットペーパーのエンボス加工を始める
昭和63年
スバル(株)設立と同時に、お茶パックやシートペーパーの販売を始める
平成2年
アイネット(株)設立と同時に、各種情報化、物流の合理化を促進する
平成4年
コアセルフ(紙管なし)の生産を始める
平成8年
3号機をスクラップし、高速新3号抄紙機を設置する
モナリス(主原料ミルクカートンパルプ)の生産開始
平成9年
ペーパータオル(ソフトタイプ)発売
ペーパータオル(ハードタイプ)発売
平成10年
兵庫県知事より環境にやさしい事業者賞を受賞する
平成11年
プリント製品生産開始
平成13年
イトマンとイトマン工業が合併する
平成16年
ISO14001環境マネジメントシステム承認(審査登録)
経営理念を更新「Recycle & HappyLife」を企業テーマとする
代表取締役社長に伊藤俊一郎が就任する
平成17年
商品開発室開設
金生工場ティシュ製造ラインリニューアル
平成18年
下柏工場操業開始
平成19年
未来事業推進会発足
平成20年
東京出張所開設
雑貨EXPOギフテックス2008に出店
平成22年
環境理念を更新
営業部、物流部を統合しマーケティング本部へ改名
平成23年
金生工場に太陽光発電設置(30kw)
大阪営業所移転に伴い、マーケティング本部を大阪営業所内へ移転
東京出張所の移転と同時に東京営業所に昇格
平成25年
愛媛県より優良循環型事業所の認定を受ける
平成26年
イトマンリテール株式会社を設立する
平成28年
愛媛経済同友会より第1回愛媛ふるさと環境大賞を受賞する

このページの上部へ