工場見学 工場見学に来てくれました

01古紙

→

02愛媛パルプ協同組合

→

イトマン株式会社

03抄紙工程

→

04仕上げ工程

→

05製品

前へ

01古紙

リサイクル資源は家庭・オフィスの身近なところから

オフィス・家庭から出たコピー用紙、伝票、カタログなどの紙ごみが、トイレットペーパーになるための原料となります。
これらの古紙は「愛媛パルプ協同組合」へ運ばれ再生パルプに加工されます。

  • コピー用紙

    コピー用紙

  • 封筒

    封筒

  • チラシ

    チラシ

  • 製品カタログ

    製品カタログ

02愛媛パルプ協同組合

古紙を再生パルプへと加工

古紙

1 溶解工程

img

大きな洗濯機のような構造をしているパルパーは、古紙処理の入り口です。ベルトコンベアで投入された古紙を大きな羽根でかき回し、小片に解きほぐして液状(離解液)にします。離解液は底部のフィルターを通り、粗大異物が除去され次工程に送られます。

img

2 離解工程

img

ニーダーとは練る機械のこと。古紙の印刷インクを効率よく均一に微細化して、浮選処理でのインク除去率を高めます。金属羽根の高速回転を利用した従来の離解法に比べて、ニーダー離解機では繊維相互の摩擦を利用して離解を進めるため、繊維の損傷が少なくて済みます。

img

3 除塵工程

img

微細な異物を除去するため、低濃度のパルプ分散液を0.2mmほどの細かいフィルター(スリットスクリーン)に通します。回転羽根の作用でフィルター面に加工・負圧を繰り返し、目詰まりしないように工夫されています。

img

4 脱インク工程

img

ついているインクを除去します。まず、パルプ分散液に細かい気泡を吹き込みます。繊維は親水性、油性であるインク粒子は疎水性なので、離解したインク粒子は自然と気泡に吸着。気泡表面に吸着し浮いたインク粒子を泡とともに取り除きます。

img

5 除塵工程

img

ここでは、細かな砂などの微細異物を除去します。メガホン状の筒の上の方から低濃度パルプ液を高速流入して、旋回流による遠心力を利用して微細異物を除去。分離された異物は筒の内壁沿いを下降して下部から取り除かれます。

img

6 洗浄・脱水工程

img

衣服の洗濯に例えるなら、ここは「濯ぎ」の工程にあたります。古紙に抄き込まれている水溶性の合成糊料や無機質填料、脱インク処理の際に使用した界面活性剤などの薬剤を水洗いする仕上げの工程です。

img

再生パルプ

03抄紙工程

再生パルプからジャンボロール原紙を作る

愛媛パルプ協同組合から運ばれてきた100%再生パルプは、異物除去等を行った後、抄紙機へ送られていきます。

img

04仕上げ

リワンダー

img

抄紙工程から運ばれてきたジャンボロール原紙から製品毎の長さに巻き戻します。
(ジャンボロール→小巻ロールへ)

img

ログソー

img

小巻ロールを規定の長さ(114mm巾)に切断します。

img

包装機

img

1パック分毎、ポリ袋に包装されます。

img

05 製品

img

古紙から再び製品へ

このようにして出来上がった製品を、皆様の元へ毎日出荷しています。

工場見学ありがとうございました。

Next

リサイクル資源は家庭・オフィスの身近なところから

オフィス・家庭から出たコピー用紙、伝票、カタログなどの紙ごみが、トイレットペーパーになるための原料となります。
これらの古紙は「愛媛パルプ協同組合」へ運ばれ再生パルプに加工されます。

お申し込み

お申込みフォームに全てご記入下さい。後程、担当者からご連絡させて頂きます。

お申し込み

工場見学お申し込みの際の注意事項

  • ●時期等(工場定休・繁忙期等)により、ご遠慮させて頂くことがございます。ご了承願います。
  • ●見学の受入日は火曜日から金曜日の間で受付しています。
  • ●見学の受入時間は、9:00〜12:00または13:00〜16:00の間で受付しています。
  • ●見学のお申し込みは、参加人数10名以上20人迄でお願いいたします。
  • ●見学にかかる平均所要時間は約1時間です。
  • ●観光・ツアー目的での工場見学はお断りさせて頂きます。

工場見学の際の注意事項

  • ●工場見学にお越しになる際は、牛乳パックを入場券としてお願いしています。
  • ●工場内は、滑りやすい部分がありますので、滑りにくい運動靴などでお越し下さい。
  • ●機械に巻き込まれる可能性もあるので、フレアスカートなどのひらひらした服装は注意して下さい。
  • ●案内者の指示には従ってください。危険な場所・物がありますので触れないようお願いします。
  • ●10歳未満のお子様には、保護者同伴が必要となります。
  • ●当方の一方的過失以外の事故などは、一切責任を負いかねますので事故の防止には万全を期して下さい。

このページの上部へ